2019年のモデルチェンジ情報

当サイトは、2019年に行われる各社で実施されるモデルチェンジの情報をご紹介します。

2019年度のニューモデル展開の中で注目したいのは、各社の新世代SUVと新しくラインナップに加わるSUV感覚を盛り込んだ新顔です。

トヨタのモデルチェンジ情報

トヨタは2019年4月、新型RAV4の返り咲き、加えて今夏頃に新型コンパクトSUVの投入などを予定しています。

RAV4は4月10日のデビュー。 ハリアーの下に位置するミディアムクラスで2000CC&2500CCハイブリッドを搭載。 どちらもFF、4WD駆動車を設定しています。 ハリアーがSUVと乗用車との中間に位置するクロスオーバーコンセプトなのに対してRAV4はラフロードでの走破性の良さも盛り込んだつくりを強調するといった違いもある。 新型コンパクトSUVはまた内容が明確になっていませんが、1500ccクラスのベーシックモデルと言われます。

トヨタの独自開発かダイハツからのOEM供給モデルなのかもまだ明確になっていない。 年末にはC-HRをビックマイナーチェンジする。 内外装のデザイン変更、新ボディカラー&グレードを設定するなどが内容。

日産のモデルチェンジ情報

日産は2019年6月にもジュークをモデルチェンジされます。 現行シリーズよりもオーソドックスなSUVデザインを採用。 ボディサイズは現行モデルとほぼ同じサイズ。 パワーユニットは従来の1500ccのガソリンと1600ccターボに1200ccのeパワーを搭載する。

eパワーはノートに搭載しているのとほぼ同じユニットを積む。 こちらでシリーズ全体の70の販売構成比を目指す。 これによって月販5000台強を売り、同クラスのトップセラー奪還を図る方針である。

ホンダのモデルチェンジ情報

ホンダは2019年10月にもフリードをビックマイナーチェンジするが、新グレード「フリードクロス」をラインナップに加える。 フロントマスクやアルミホイールデザインでSUV感覚を盛り込んだデザインを採用。 足回りも強化して、ラフロードでの走破性を高めたつくりとする。フリード ハイブリッド 値引き

スズキのモデルチェンジ情報

スズキは2020年2月にも軽自動車のハスラーを世代交代する。 現行シリーズがヒットモデルであったから、キープコンセプトで世代交代するだろう。 標準とカスタマイズの2シリーズ構成で幅広いユーザー層のカバーを目指す。

パワーユニットはモーターアシスト方式のマイルドハイブリッド方式もラインナップに加える。 2トーンカラーは従来と違ったデザインも加える予定。

三菱のモデルチェンジ情報

三菱自動車は軽自動車のekワゴンを3月28日にフルモデルチェンジし、別シリーズとして「ekクロス」を設定する。 かつて存在した「パジェロミニ」の復活版ともいえる。

フロントマスク、アルミホイールにカスタマイズ的デザインを採用。 最低地上高を引き上げ、ラフロードの走破性を高めています。 姉妹車の次期型デイズには設定しない予定です。

NEW MODEL

Copyright (C) 2019  ニューモデル新車情報 All Rights Reserved.